スマイル歯科・矯正歯科トップページ 一般歯科 インプラント 審美歯科 予防歯科 矯正歯科
スマイル歯科・矯正歯科TOP > 矯正歯科 > 矯正歯科装置

矯正歯科装置

近年、20代、30代の女性を中心に大人になってから矯正を始められる方がとても増えています。

しかし、矯正装置をつけることに抵抗感があって、なかなか矯正治療に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。そういった方のために当歯科では“目立たない矯正治療”もご提供しています。

金属製で歯の表面に装着する通常の矯正装置だけではなく、透明な装置(セラミックブラケット)、歯の裏側に装着する装置(リンガルブラケット)や取り外せる目立たない矯正装置(アクアシステム)利用することにより、人の目を気にすることなく治療を進めることが可能です。


患者様の症状とご希望を考慮し、最適な治療法をご提案いたします。

第1期矯正歯科治療(子どもの矯正装置)


上顎の側方拡大に使用します。

下顎の成長抑制(下あごを後ろへさげる)に使用します。

上顎急速側方拡大装置はネジの力で上あごの幅を拡大するための装置です。

上下顎の位置コントロール、上奥歯の後退、さらにマルチブラケット治療中の奥歯固定に使用されます。

歯の裏側からワイヤーで歯を動かします。
受け口治療や、歯の並ぶ隙間を作る装置です。

上顎が発達していない受け口用矯正治療装置です。

口腔周囲筋や舌の機能力を利用することで、顎の位置を変え、成長を誘導する装置です。

   

第2期矯正歯科治療(大人の矯正装置)

マルチブラケット装置〜歯列の整列と咬合の確立


一般的に使われている金属の矯正装置です。
目立ちやすいというのが欠点ですが、安価で効果が高いというメリットがあります。


ワイヤーは金属ですが、ブラケット(歯につけるボタンのようなもの)が白色で、目立ちにくくなります。
メタルタイプの矯正装置と、同等の治療効果が得られます。


上顎に裏側矯正装置をつけ、下顎にクリアタイプの装置をつける矯正治療です。
上の歯を裏側矯正装置にするだけでもかなり目立ちにくくすることが可能です。


上下共に矯正装置を裏側につける治療法です。
やや矯正期間が長くなるのが欠点ですが、治療装置が全く見えなくなります。


従来からあるオーソドックスな保定床と呼ばれるものです。
スプリングやネジを内蔵することで簡単な歯の移動も行えます。


歯の裏側から固定します。
保定の中ではもっとも強固な方法ですが、口腔衛生の点では不利です。定期的な管理が必要です。


個人情報保護方針
サイトマップ
ご予約とお問合せ メール相談 求人のお知らせ

© smile shika dental clinic all rights reserved.